たいせつ。

きっとあなたと出会えたのは。
「じゃぁ、あなたが困ったときに現れるようにするね」
という。サインだったような気がしてならないのです。

 

そして。今はまだ。あなたに甘えてばかりで。
何もお返しできていない、どころか。
ますます重いものを背負わせてるんじゃないか、という気すら。
してしまいがちなんだけれど。

 

でもきっと。
「じゃぁ、僕の方だって。
あなたが困ったのを見逃さずに。すぐに助けるからね」と。

 

約束してたんじゃないかな、と思うのです。

 

出会えたうれしさに。ひとりじゃないと思える幸せに。
楽しくふわふわと。酔っている気分になっているけれど。

 

僕は。約束を守っているだろうか。
あなたのココロの声を聞き逃さず。飛んでいけてるだろうか。

 

なかなか自信は持てないけれど。
なかなか確証は持てないけれど。

 

きっとその昔、約束をした。その気持だけは失わないように。
今日も進んでいきます。

 

守りきれるかどうかなんてわからない。
守り抜ける自信なんて。まだ全然ないけれど。
でも。

 

守りたい。その気持にはウソはないから。
だから。
今日も進むのです。

 

顔上げて。
胸張って。