大阪 京都 カウンセリング【ねぎらい流・心の相談室】の吉野リョータです。

いきなりですが「心理カウンセリングって一体何回受けたらいいの?」って考えたことはありませんか?
心理カウンセリングを受ける場合、1回あたりの金額は決して安くはないので、できるかぎり「1回で済ませたい」と思われる方もいらっしゃるはず。
このページでは「カウンセリングは何回受けるのがいいか?」という問題について考えていみたいと思います。

「心理カウンセリングは何回受けるべき?」

AC克服カウンセリング京都・心の相談室では、全体の回数を決める前に、まずはご相談者の「現状の問題点」や「なりたい姿」を確認させていただくことにしています。
いろんなお話を伺いながら、ご相談者の心の中にある「想い」や「背景」に触れながら、前に進めずにいる問題を見極めています。

進めない理由は人それぞれ。
具体的な悩みがハッキリしていて、その問題をクリアすれば前に進める自信がつく方もいれば、悩みが一体何なのかがよくわからないまま、いろんな問題が複合的に絡み合ってしまって、それが一体いつから始まっているのかもわからないような状態の方もいらっしゃいます。

できるだけ早く解決に導きたいのは、ご相談者もカウンセラーも同じ。
カウンセラーの心にも無意識に「たった1回のカウンセリングで大きな問題が解決!」という結果を出して世間から評価されたい、という承認欲求がない、とは言い切れません。
経験の浅いカウンセラーは、あまりにも自分の功を焦るあまりに、表面上の解決に喜んでしまい、ご相談者の真の問題に気付けない場合もあるかも知れません。
心の相談室では、ご相談者の未来を最優先し、進めない問題の積み残しがないよう心がけています。

カウンセリングを受けた方の声

AC克服カウンセリングの回数が決まる目安

大阪 京都 カウンセリング【ねぎらい流・心の相談室】を訪ねてくださる方には、基本的には(ご本人がご希望されない限りは)1つの問題につき1回で解決を目指していきます。

問題点が明確で、解決に至る方向性が導き出せそうな場合は「1回で様子を見ましょう」とお伝えします。(参考:ねぎらい流こころの相談室:カウンセリングについて

ただ、すべての方が上記のように1回で即解決に導けるとは限りません。
例えば下記のような兆候がある方の場合は複数回になる可能性も視野に入れてお話をしていきます。

カウンセリングの回数が多い方がいい場合

下記のような場合、カウンセリングの回数は多くなる可能性があります。

・うつ病と診断された(または自分自身がうつ傾向であると思える)方
・不安や恐れ、怒りなどの感情が突然湧き上がり、原因がわからない方
・強いトラウマ体験があり、特定の記憶が思い出せない方
・自分自身の存在を認められない方
・自分で悩みの原因が複数ある、と認識しておられる方

このような場合、複数回のカウンセリングを事前にお伝えする場合があります。


「何回くらいが目安なのか」ということに関しては、一概には言えないのが正直なところです。
大阪 京都 カウンセリング【ねぎらい流・心の相談室】では事前にご相談者とお話をして、具体的な根拠をお知らせしつつ、解決までの方法をお伝えするように心がけています。

AC克服カウンセリング【心の相談室】カウンセリング回数と費用

カウンセリング回数を事前に決めることで、価格を少しでも抑え、ご相談者の負担を少なくしたいと考えています。

ACカウンセリング京都【心の相談室】カウンセリング費用

  • 3ヶ月(月2回:計6回)コース…(定価12万円)【割引価格】110,000円
  • 6ヶ月(月2回:計12回)コース…(定価24万円)【割引価格】200,000円

「どうしても納得できないことがある」「人間関係で悩んでいる」「同じようなことを繰り返している」という状況で、何度か様子を見ながらお話を進めたい場合は3ヶ月コースを。
「うつ症状が出ている」「うつ病を克服したい」「問題がどこにあるかわからないが、とにかくつらい」「身体は元気なのにずっと動けずにいる」という場合は半年コースをお勧めしています。

大切なのは「自分の問題をこの機会に必ず解決する」と決めること

心や命を着せ替えることはできません。
今年流行のブランドの服やバッグを買うのをガマンするのとは違って、心や命がつらいまま放置してしまい、相談するのを先延ばしにすればするほど、ゆがみは激しくなってしまう、と考えています。

大切なのは「私は今。この問題を解決する」と決める勇気。
勇気を持って決断した方から。未来が変わっていくのです。

「今解決する」と取り組んだときの10年先の未来と。
「今そのままにして放置した」ときの10年先。

お金では測れない程の差がついてしまうかも知れません。

ACカウンセリング【心の相談室】では、ご相談者に合ったベストな解決方法を共に考えていきます。
まずはあなたの心の声をお聞かせください。寄り添いながら解決への道を一緒に探していきます。

アダルトチルドレンカウンセリング申込はこちら

カウンセリングを受けた方の声

個別カウンセリングになんとなく抵抗を感じる方は…

月1~2回程度開催の複数制カウンセリング「オープンカウンセリング」がオススメです。
小人数のクラスで参加者と悩みを共有しつつ、問題解決を図っていきます。

くわしくはアダルトチルドレン克服オープンカウンセリングのページ

【アダルトチルドレン克服のために知っておきたいこと】

■アダルトチルドレン(AC)について
アダルトチルドレン克服カウンセリングTOP

アダルトチルドレンとは?ACを正しく知って克服しよう

アダルトチルドレンと関連の深い「機能不全家庭」とは?

■アダルトチルドレン5つのタイプ
マスコット
ケア・テイカー
ヒーロー 
スケープ・ゴート 
ロスト・ワン

■ACが引き起こしやすい問題 
虐待
 虐待の定義:どこからが虐待なのか?
 お母さん、それ虐待ですよ!
 虐待家庭が生み出しやすい「共依存」
 虐待の種類と特徴 
依存症(共依存)
  共依存チェックリスト 
不登校・引きこもり 
条件付きの愛


【アダルトチルドレン克服カウンセリングを受けたい方のために】

アダルトチルドレン克服カウンセリング心の相談室:相談日程とお申込み
はじめての方へ
ねぎらい流心理カウンセリングとは
心理セラピーを受ける時期・タイミング
心の相談室:オススメのカウンセリング回数
アダルトチルドレン克服カウンセリングの内容・流れ 
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想① 
セラピー・カウンセリングを受けられた方のご感想②
よくある相談・ご質問
書のセラピーをしている理由
こころのホットライン【無料ご相談窓口】

自分を認められない。そんな自分から卒業しよう

あなたの力にならせてください

大阪 京都 カウンセリング【ねぎらい流心の相談室】に今までお寄せいただいたお悩み内容(抜粋)
アダルトチルドレン克服・人間関係・親子関係・子育て・うつ・統合失調症・ひきこもり・対人恐怖夫婦関係・恋愛関係・不倫・浮気・DV(暴力・虐待)・いじめ・職場内の人間関係・学校内での人間関係・自分に自信が持てない・生きる意味・恋愛できない・他者との違い・男性不信・恋愛依存・セックスレス・騒音問題・ご近所との問題・ダメンズばかりに出会う・同じパターンで傷つく・就職できない・就職しても続かない・お金の心配・セルフイメージを上げたい・薬物依存・ギャンブル依存・あきらめ癖・買い物依存・ゴミ屋敷・親の認知症・執着(アタッチメント)・過去世(前世)etc…