不登校の現状とカウンセリングについて

近年、不登校生徒の数は、残念ながら増加の傾向にあります。

ましてや、最近は新型コロナウイルスの影響により、

以前に増して「学校に行きにくい」「学校に行くのが辛い」お子さんが

増えてきているようです。

 

この記事では

・全国の不登校生徒の現状は?

・不登校カウンセリングの利用は必要なのか?

についてお話します。

 

不登校の現状とは?

文部科学省平成30年度のデータによると、

全国の不登校児童生徒数は、

小学校・中学校・高校、合わせて約22万人にものぼります。

 

平成30年度児童生徒長期欠席(不登校等)の状況

小・中学校 高校
生徒数 164,528 人

(前年度144,031 人)

52,723 人

(前年度49,643 人)

割合 1.7% (前年度1.5%) 1.6% (前年度1.5%)

(引用:文部科学省 平成 30 年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について)

 

不登校児童の中でも、

【1年間の出席日数が0日(全く出席できていない)】生徒の人数は

・小中学校で6,026 人

・高校で673 人(中途退学になったのはは13,387 人

と、データを見る限り決して少なくない、

と言わざるを得ないのが現状です。

 

不登校の要因

 

全国の不登校児童数が増加する一方、

不登校の要因として多いのはこのようなケースです。

【中学校】

・家庭に係る状況

・いじめを除く友人関係をめぐる問題

・学業の不振

【高校】

・学業の不振

・入・転学、進級時の不適応

・進路への不安

・学業不振

・いじめを除く友人関係をめぐる問題

(引用:文部科学省 平成 30 年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について)

 

不登校になるきっかけは様々ではありますが、

年齢が低くなるほど、

家庭生活に起因する不登校の割合が大きくなっています。

 

家庭問題に関するケースは、学校や知人に相談することを躊躇ってしまう事が多く、

問題をご家庭だけで抱えてしまいやすい、といった傾向があります。

 

学校外機関でのカウンセリング等の利用率

 

お子さんが不登校になると

学級担任やスクールカウンセラーと連携して

再登校への方策を立てることが多いです。

 

しかし、不登校の状況や、学校内での問題により

学校には相談しづらいと感じるケースもあります。

そういった場合、

学校外でのカウンセリング機関を利用する方は少なくありません。

 

文部科学省の平成30年度データによると、

学校外部機関にて指導を受けた不登校児童・生徒数は、

小中学校で 34.1%(前年度30.1%)

高校で   16.8%(前年度15.5%)

(引用:文部科学省 平成 30 年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について)

と、どちらも増加傾向にあります。

 

不登校克服カウンセリング京都では

お子さんに対してアプローチしていくだけではなく、

お子さんと親御さんの両方の心に寄り添う

カウンセリングを目指しています。

 

・学校やスクールカウンセラーに相談をしたが、変わらなかった…。

・不登校が長期化してしまい、どこに頼ったらいいのか分からない。

 

そのような場合は、

一度、学校外部のカウンセリングを受けてみることを

選択肢の一つにして頂きたいと思います。

 

 

「動けるまで待とう」では解決しません

 

ブログ記事:不登校は「鳴くまで待とうホトトギス」では解決しない?

以前こちらの記事でも紹介しましたが、

不登校は

「子どもが動けるようになるまで待ちましょう」

では、根本的な解決に至らないことが多いです。

 

あるきっかけで一度は学校に行けるようになったとしても、

お子さん自身が「自分の力で不登校を克服できた」と実感できていない限り、

また何かのきっかけで不登校が再発したり、

社会人になってから、突然会社を辞めてしまう…といったケースも少なくありません。

 

お子さんが不登校になってしまったとしたら。

それは、お子さん自身も自覚できていない

「お子さんからの心のメッセージ」なのかもしれません。

 

「お母さん助けて。辛いよ。不安だよ。」

そんなメッセージをしっかりと受信し、

お子さんに再び自信を取り戻させる。

 

お子さん自身がこれからの人生を

自分自身の力でしっかりと歩んでいく為に。

 

そのような行程が必要であると、私は考えています。

 

まとめ

 

不登校の児童生徒数は、年々増加している

★不登校の要因としては、低年齢ほど「家庭生活に起因する不登校」が多い

学校外機関(カウンセリング等)への不登校の相談件数は増加してきている

★子どもが動けるまで待つ、では根本的な解決にならない

いかがだったでしょうか。

お子さんの不登校を、一人で抱える必要はありません。

いつでもご相談くださいね。

一緒に不登校を乗り越えませんか

不登校というのは問題ではなくて、
今ご家庭の中にうまくいっていないことがある
ということをお子さんが知らせてくれているサインです。

・お母さん自身のこと
・子育てのこと
・ご夫婦のこと

一人でなんとか頑張っているけれど
ほんとうは気になっていることはありませんか?


これを機にそれらを見直して
家族のみんながより幸せになれる、
そんな新しい生き方を一緒に目指して見ませんか?

不登校克服カウンセリングは
そんなあなたを全力で応援します。